知らなきゃ損!iTunesカード買取詐欺3つの対策と悪質業者の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
iTunesカード買取 詐欺

iTunesカード買取で調べていると、詐欺という文字を見かけて不安…

ご安心ください。この記事を読めば詐欺にあう可能性はグッと下がります。

iTunesカード詐欺とはいっても一部の悪質な買取サイトが詐欺を行っているだけなので、きちんとしたサイト選びをすれば簡単に回避可能です。

この記事では、過去にあった詐欺手口や詐欺に遭わないための対策について詳しくご説明します。

1:iTunesカード買取で起こった詐欺の手口3選

3つの詐欺手口

iTunesカードの買取詐欺は、Amazonギフト券と同様に近年増加の傾向にあります。

詐欺をしているのは、悪質な買取業者だったり、買取業者を装った詐欺グループです。iTunesカードの買取詐欺が増えた1番の理由は、コードのやりとりだけでは犯人の特定が難しいからでしょう。

そんなiTunesカード買取によくある詐欺の手口は下記の3つです。

  • 現金が振込されない
  • 買取率を下げられる
  • 個人情報を流出される

詳しく見ていきましょう。

1-1:振込がされない

悪質業者は、iTunesカードのコード番号を盗ることが目的です。できるだけ振り込みしたくないため、iTunesカードのコード番号を送ってもらった段階で、「振込まで1日以上時間がかかる」と言ってきます。

そのあいだに、複数人からiTunesカードを集め、最終的にサイトごと消えてしまうのです。

ネットでの取引を使った悪質な詐欺行為だといえるでしょう。

1-2:買取率を下げられた

『ホームページに記載の買取率で入金されると思って申し込み、振込完了後に通帳を確認したらかなり低い買取率で入金されていた』というような事例もあります。

業者に問い合わせても、「取引完了後のキャンセル・返金はできない」と言われてしまうのです。

悪質な買取サイトは「iTunesカード90%買取」と公式サイトに記載していますが、サイトの見えないところに「90%は10回目の利用時のみでそれ以外は50%」などの条件を書いています。

そもそも90%という高すぎる買取率の時点で詐欺であることを気付くべきでしょう。iTunesカードの買取率相場は75%~80%です。

1-3: 個人情報流出

はじめてiTunesカード買取を利用する場合、どんな買取サイトでも個人情報が必要です。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 身分証明書

悪質業者はこれらを別の悪質業者に流出させることが目的で、入手した個人情報を売ってお金を手に入れます。

『知らない番号から電話が頻繁にかかってくるようになった』や『迷惑メールがかなり来るようになった』と感じたら、いつの間にか悪質なiTunesカード買取業者を利用してしまっているかもしれません。

2:iTunesカード買取で詐欺に遭わないための3つの対策

3つの詐欺対策

iTunesカード買取の詐欺について3つの事例を紹介しましたが、買取詐欺にあわないためには、正しい対策を講じる必要があります。

「どんな対策をしたら詐欺を防げるの…?」

そんな方のために対策を3つご紹介します。

  • ギフト番号を教えない
  • 古物商営業許可証の有無確認
  • 手数料の確認

それでは上記3つについて詳しく説明しましょう。

2-1:ギフト番号を教えない

1つ目はギフト番号を教えないことです。

名前を聞いたことがないような買取サイトにギフト券番号を教えないようにしましょう。

悪質業者は、ギフト番号を集めることを目的としています。アカウントに1度登録すると、他のアカウントで登録できないのがiTunesカードなどのデジタルコードの特徴です。

これから紹介する対策や、そのあとに紹介する詐欺業者の特徴を知ったうえで、「少しでも怪しい」と感じたらiTunesカードのギフト券番号を教えないようにしましょう。

2-2:古物商営業許可証の有無確認

2つ目は、古物商営業許可証の有無があるかを確認することです。iTunesカードの買取をする際、古物商営業許可証は絶対に必要というわけではありません。

しかし、悪質業者は古物商営業許可証がなくても買取サイトを運営できることをいい事に詐欺サイトを運営しているのです。古物営業許可を得るには地域の公安委員会に住所などを提出する必要があります。

そのため、

優良サイトでも、許可証がないところもありますので注意しましょう。

2-3:手数料の確認

3つ目は、手数料の確認です。悪質業者の場合、手数料を請求してくるでしょう。優良サイトが手数料を請求してくることはありません。

なぜなら、買取率の中に手数料を含めているからです。利用する前に、手数料について問い合わせてみるのもいいでしょう。

3:iTunesカード買取悪質サイトの3つの特徴

詐欺サイトの共通点

iTunesカード買取する際の、優良サイトと悪質サイトの違いはどうやって見分ければいいのでしょうか。

悪質サイトの3つの特徴をこれから紹介しますので、1つでも当てはまるようであれば取引はしないようにしましょう。

  • 高い買取率
  • サイトの更新
  • 口コミが悪い

上記3つについて詳しく説明します。

3-1:高い買取率

1つ目は高い買取率を謳っているところです。

iTunesカードの相場をご存知ですか?1万円以上、65~75%が相場と言われています。ですが、悪質な買取サイトは、『初回85%保証!』『最大80%買取』などと高買取率で表記し、引き付けるためです。

少しでも高い買取率で買取して欲しい気持ちはわかりますが、明らかな高買取率は悪質業者ですので注意しましょう。

3-2:サイトの更新

2つ目はサイトの更新率が低いところです。最後のお知らせ欄の更新が数年前となると本当に運営されているか分からず、振込も実際に行ってくれるのか不安になりますよね。

また、買取業者の基本情報もチェックポイントです。

  • 電話番号
  • 住所
  • 買取率の表記

上記の様な最低限の情報さえも表記されていなければ、怪しいと言えるでしょう。実際に電話にかけて問い合わせてみたり、住所が実在するものかGoogleマップなどで確認もすることもできます。

基本情報の表記がない、サイトが更新されていないといった業者は悪質な場合がありますので注意しましょう。

3-3:口コミが悪い

3つ目は口コミが悪いところです。通販サイトで商品を購入するときや、旅行先のホテル選びなどで口コミを確認するように買取業者の口コミも見てみましょう。実際に利用した人の率直な感想や意見が書いてあるので参考にできます。

また、口コミサイトは1つだけでなく複数のサイトを見てみましょう。悪質な業者のサクラが書いたものもあり、いい事のみ書いてあることがあります。

まとめ

iTunesカード買取業者の詐欺手口や対策について紹介してきました。

自分は大丈夫と思っていても、被害に遭ってからでは遅いので悪質なサイトと取引しない為にも注意が必要です。また、少しでも買取業者が怪しいと感じれば、近くの警察や相談窓口などに相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

*